台北三大祭り「艋舺青山王祭典」を行う青山宮

毎年旧暦10月23日前後の三日間盛大に艋舺青山王祭典は、台北三大祭の一つとして有名です。疫病が台湾に流行したときに、青山王様を祀ったところ収まったという伝説があります。お祭りは青山宮だけではなく龍山寺なども参加します。

三大祭の一つのお寺でもあるので、台北に住む人で知らない人はいないお寺ですが、外国人観光客が多く無いので、龍山寺のように混雑していません。場所は龍山寺から歩いて5〜6分のところにあります。

お寺の大きさも小ぶりです。しかしながら、正面からは見えませんが三階建の見どころ満載のお寺です。

門をくぐると本堂が

青山王様。台湾全土でも青山王を祀っているお寺は系列を除けば、ほぼこのお寺だけかもしれません。

街と共生する素晴らしいお寺の姿です。

石彫で綴られた儒教のお話。よく探すと西遊記の孫悟空なども描かれています。

とても癒やされる空間

編集部には虎爺のファンが多いのですが、青山宮の虎爺は特筆してカワイイです

特に向かって左の虎爺の表情、、、たまりません、、

編集部だより
メルマガ登録