17日 3月 2020
土地公とも呼ばれる福徳正神様は、生前非常に良い数々の善行を行った税を取り締まる役人「張福徳」がモデルとされています。死後、後任の役人が税金を搾取し続けたことで貧しくなった民衆が福徳氏を祀ったら、大金持ちになったという言い伝えから「金運」の神様の代表格とされています...
12日 3月 2020
蒸包の名店「圓山老崔蒸包」の近くに「天皇宮」はあります。蒸包は肉まんより皮が薄く蒸し餃子よりサイズの大きい主食。朝の6時〜13時までなので、遅い昼ごはんにお勧めです。サンラータンスープとセットで頼むがお勧めですよ!...
10日 3月 2020
天宝聖道宮は象山、虎山などが連なる山の中の豹山にあるお寺です。特徴は、写真の大きな神様です。約10Mあるとのこと。無極天王は元始天尊とも呼ばれ道教の最高神とされています。
10日 3月 2020
昔、媽祖様を祀っていたこの士林慈誠宮の門前にあった夜市が、どんどんと広がっていき日本統治時代1909年に「士林市場」が作られ、現在の士林夜市となっていったそうです。士林慈誠宮は夜市をずっと見守ってきたお寺です。
09日 3月 2020
財運の神様として人気の福徳正神を主神として祀らている景福宮。かなり都会のど真ん中に突然大きなお寺がそびえ立っている感じです。花博公園からも歩ける距離なので、植物探索の前後などにお参りすると良いかもしれません。
08日 3月 2020
胡椒餅で有名な饒河街夜市。ここは松山慈祐宮の縁日から発展したものと言われています。 元々は「錫口媽祖宮」と呼ばれ1753年に創建されたお寺です。 昔火事にあったことがあったそうなのですが、不思議なことに神様の像は全て無事だったそうです。
拝拝 · 07日 3月 2020
台湾の関聖帝君への信仰で最も古い時代は南明時代鄭成功の軍隊が台湾にやってきた頃まで遡ります。今の台南市にある開基武廟と祀典武廟はその頃に建てられたものです。このころより、関帝への信仰が始まり、台湾各地に普遍的に伝えられ、今となっては台湾全土には百四十余りの関聖帝君の廟があり、民間がいかに関聖帝君を崇拝し、信仰しているかがわかります。
07日 3月 2020
淡水無極天元宮といえば地元では桜で有名なお寺です。というか、逆にいえば桜の季節以外は、かなり静かなお寺。どちらかというと、修行をする場所のようですね。
拝拝 · 06日 3月 2020
民間信仰の中で保生大帝は各家庭のかかりつけ医であるかのように、信者の身体が健康でいられるよう面倒を見てくださり、信じる者の病を治し、人を慈しみ、心温かく、更に医術にたけていらっしゃいます。郷土史に、宋仁宗年の間、保生大帝呉真人は天兵、天将を派遣し、法力(法術)を使い、福建の漳州、泉州一体において干ばつや飢餓に苦しむ人々を救ったことから、その神としての功績が広く伝わってきたと記載されていたことがあります。現在にいたってもなお保生大帝は多くの薬材店、中国医学の医者たちが祀り、参拝しています。
拝拝 · 07日 10月 2019
旧暦9月9日は「重陽節」であり、9が二つあることから「重九節」とも呼ばれています。易経の中で、九は陽数(吉数)とされているため、9が二つあるこの日は陽が重なる「重陽」ということになります。そして、「九九」と「久久」(長く続くという意味)は同じ音であり、長寿と健康という意味があるので、重陽節は後に「敬老節」と位置づけられるようになりました。これは老年期にあたる人々の健康を長寿を願っていることから、昔の人々にとって祝うに値する吉日になりました。また、この有意義な日にもお供え物を用意し、神々、先祖、地基主を拝み、今ある幸せは先人たちのおかげでもあるという、根源を忘れずという気持ちが込められています。

さらに表示する

編集部だより
メルマガ登録